学部・学科紹介

体育学部 Faculty of Physical Education

  • 体育学科
  • 健康科学科

スポーツの特性は自己管理と社会的責任を尊重する点にあります。つまり自己決定・自己責任であるということです。中・四国唯一の体育学部の名に恥じない指導陣と充実した施設で実践的な指導を行う一方、人間的な自立を高める場としての大学生活を重視しています。

本学部では大学生活の中にある「教育」を生かしながら、人間的な基盤と真の国際性を培い、保健体育教員・柔道整復師・指導者・トップアスリートをはじめ、アスレティックトレーナー等の各種資格取得を目指します。

先生方とともに学び、自己を磨いてください。

体育学部 学部長  博士(教育学)黒川 隆志

体育学部には、みなさんの夢を実現するためのカリキュラム、また実技と理論の両面における日本でもトップレベルの指導陣、アスリートホール「トップガン」をはじめとする中・四国最大規模の体育施設や、附属鍼灸整骨院など実践の場となる施設が整っています。体育学科では実践的能力の高い幅広い分野の人材が、健康科学科では柔道整復師やトレーナーなど、社会のリーダーとして活躍する医療人が育ってきています。先生方とともに学び、学生生活のなかで自己を磨き、豊かな人間性と大学生としての専門性を身に付け、社会の様々な場で活躍してください。

Profile
教育学博士、専門はスポーツトレーニング学、水泳。国立大学法人広島大学名誉教授、同・スポーツ科学センター長、同・教育学研究科長補佐、大学院前期専攻長、健康スポーツ科学講座主任を歴任。日本体育学会代議員、日本スポーツ方法学会理事、広島体育学会会長を歴任。