IPU・環太平洋大学

陸上部

2015.10.15
【出雲駅伝】環太平洋大学コンビが秋の出雲路をタスキリレー

10月12日(月・祝)に島根県出雲市で開催された「第27回出雲全日本大学選抜駅伝競走」に、中国四国学連選抜チームのメンバーとして、IPU・環太平洋大学から、藤井圭太(こども発達3・広島皆実)と島田舜平(体育2・高知工)の2名が出走致しました(登録10名に選抜された三井田陸斗(体育1・豊浦)は2区付き添いに)。

前回大会で5区区間最下位に沈んだ藤井は、今回、チームの流れを作る最重要区間の1区にエントリー。スタート地点である出雲大社に到着後は緊張を隠せませんでしたが、いざ最終点呼を前にすると落ち着いた表情を見せてスタート地点へ。稀に見るハイペースに驚きつつも、1キロ地点を2分45秒で通過、その後は、他地区の学連選抜チームの選手たちと共に落ち着いたペースを刻み、5キロを15分程度で通過しました。6キロ以降にやや苦しんだもののラストスパートで前を行く北信越学連選抜の選手を交わし、18位でタスキリレー。1つ目の目標であった学連選抜チームの最上位でフィニッシュしました。

藤井からタスキを受け取った2区の島田は、北信越学連選抜チームの選手たちとともに落ち着いてレースを進めましたが、2つのアップダウンにうまく対応できず、順位を2つ落として、3区の髙見雄飛選手(山口大)へ。残念ながら区間最下位に沈みました。

前半で波に乗り切れなかった中国四国学連選抜チームは、4区の井野口慎之輔選手(広島大)らが踏ん張りましたが、健闘空しく最下位に終わりました。

未だチームとして出雲駅伝に出場できていないIPU・環太平洋大学ですが、今回、付き添いとして大会を経験した三井田や、昨年の大会で選抜チーム入りした若本拓真(こども発達3・宇和島東)らを含めた「出雲経験組」が揃って奮起することで、近い将来、出場切符をつかむことは十分に可能だと考えております。

今後とも応援をよろしくお願い致します。

出雲1 (5) 出雲駅伝_4209 (2)


izumo (2) 3327021455162 (2)

× メニューを閉じる
剣道部 硬式野球部
女子硬式野球部 サッカー部
女子柔道部 男子ソフトボール部
女子ソフトボール部 チアリーディング部
女子バスケットボール部 パフォーミングアーツ部
女子バレーボール部 男子ハンドボール部
女子ハンドボール部 マーチングバンド部
ラグビー部 陸上部
女子レスリング部
理事長挨拶